1. Home
  2. 世界最高水準の強度を誇る耐震性

世界最高水準の強度を誇る耐震性

世界最高水準の強度を誇る 耐震性

枠組み壁工法

在来工法、2×4工法の強度を超える、2×6工法を用いた枠組み壁工法採用

ザ・ホームpsは外周部に2×6材を使用した、枠組み壁工法を採用しています。在来の木造住宅が柱で家を支える軸組み工法であるのに対し、枠組み壁工法=2×4工法は、壁パネル、つまり「面」で支えることにより外部からの力に対して圧倒的な強さを実現しています。事実、国内で発生した大震災においても2×4工法の優れた耐震性は実証されています。ザ・ホームpsの場合は、カナダの高規格な住宅基準から生まれた2×4工法のさらに一つ上をいく2×6工法による枠組み壁工法を採用していますので、類い稀な耐震性を実現しています。

枠組み壁工法

2×6材

2×4材と比較して約2.5倍の強度の構造材

ザ・ホームpsで使用している2×6材は2×4材に比べ、断面係数が約2.5倍の強度を誇ります。さらに、建物の耐震偽装問題で話題となった限界耐力においては、カナダ産の良質な木材を使用している2×6材なので、アメリカ産2×4材と比較した場合、約3.6倍の限界耐力を有し、同カナダ産2×4材と比較しても、約3.1倍の限界耐力を持っています。

2×6材

壁パネル強度

一般の2×4工法より柱の間隔を狭め壁の強さを保持

2×4工法において、壁パネルの強度は耐震性に大きく影響します。一般の2×4工法では、壁パネルの強度を保つスタッドと呼ばれる柱の間隔は455㎜となっていますが、ザ・ホームpsではその間隔をさらに狭い406㎜間隔で設置。これにより、2×6の強度との相乗効果でより高い耐震性を実現しています。

基礎

地盤調査によってその土地の性質に合った最適な基盤を設計

基礎

地盤の持つ地耐力は、その土地によってさまざま。ザ・ホームpsはスウェーデン式サウンディング方式を用いた地盤調査によって土地の状態を的確に判断し、適切な基礎及び地盤改良をご提案いたします。一つは鉄筋コンクリート造一体型の布基礎。基礎幅とベース幅を公庫基準値よりも25%アップさせた150㎜としています。もう一つはベタ基礎。不同沈下を起しにくい基礎構造で、床下の防湿にも優れています。さらに地耐力が弱い軟弱地盤においては表層改良や杭打ちによる深層改良など、建物本体だけでなく土地も含めた耐震対策を実施しています。
※1
深層(柱状)改良/軟弱地盤や地層が傾いていて不同沈下が予想される場合には、地下の硬い支持層まで改良体を造成する柱状地盤改良を行います。
※2
表層改良/この工法の特徴は、軟弱地盤の上に硬い板状の人工地層を作ることにより、建物の支持力を大きく強くすること。
また、建物荷重を分散して地盤に伝えるため、不同沈下を起しにくくします。比較的浅い層の軟弱地盤に適した、いわば基礎下の補強工事です。

基礎の種類の表1 基礎の種類の表2 スウェーデン式サウンディング試験(JIS規格:JIS A 1221)の表

補強金具

接合部分をしっかり結合させる各形状の補強金具

高い耐震性を誇る2×6工法のザ・ホームpsですが、構造材の接合部分の強度をより上げるため、さまざまな箇所に補強金具を使用。木材自体の強度と相まって高い耐震性能を実現しています。

補強金具

お問い合わせ&資料請求 お問い合わせ、資料請求はお気軽にお申し込みください! 三田カナディアンビレッジゆりのき台

モデルハウス見学予約はこちら

  • 伊丹モデルハウス
  • 千里モデルハウス